アイハブコントロール!!

2008年06月15日

唄:夏の魔法

こういうの好きなので。でもちょっとふざけちゃった。ごめんネ☆

(+)夏の魔法 (唄)
ひとの唄だと下手なのがバレるな!(紫ちゃんの声で)
夏の魔法
作詞:カリバネム(一部359スレ39さんが変更したらしい) 作曲:359スレ39

海が見えたのは 坂の途中 誰にも言えない言葉が魔法
拾い集めては ばら撒いて 飾り付けてきた日々こそ魔法

夜より清く 朝より強く 掟は積み上げられて行く

真夏の恋人 雲の向こうが晴れて行く
誰より深い場所まで探しに行く
二人が同時に光を見つけられたのは
夏の終わりを越えて行く二文字


脇道を伝って 届いたのは ポケットの穴から零した魔法
夢の浅瀬まで 追いかけた かもめの声さえ 僕に似た魔法

おかしな形 見上げて笑う 君の可愛さで吹き飛ばせ

真夏の恋人 にやついてまた輝きだす
嘘ついてばれてまた嘘つくような
青空ひとつもめぐり合えなかったなら
抱き締めて噛まず飲み込んでしまえ

真夏の恋人 雲の向こうが晴れて行く
誰より深い場所まで探しに行く
二人が同時に光を見つけられたのは
夏の終わりを越えて行く二文字

夏の終わりを越えて行く二文字




posted by 長野 at 15:26| 長野 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | うたいますた | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
セリフ糞フイタwwwww
Posted by つまd at 2008年06月15日 15:37
つまだ様はやっwww
唄が駄目だったからこういうので少しでも使えるものにしようと…
Posted by 長野 at 2008年06月15日 15:42
セリフに失血死しそうになったwwwwww
いいなぁリア充www
……振り返ったら負けだと思ったwww
Posted by 尽 at 2008年06月15日 15:53
確かに、そういう幸せな雰囲気をぶち壊しにしてしまえ、という悪魔の囁きがあったことは否定しません。でも所詮、一介の人間にできることなどたかが知れているのです…(゚ρ゚)
Posted by 長野 at 2008年06月15日 16:25
何故俺は二文字にふたもじとルビ振りしなかったんだろうという後悔が音を立ててぶっ飛んだ
Posted by カリバネム at 2008年06月15日 16:39
ふたもじ、だったんだ! たしかにそっちの方が綺麗だよ…
それはラジオ中にボイスレターとかで主張すべき! 次に唄うひとのために。
Posted by 長野touch経由 at 2008年06月15日 19:58
ボイスレター送る口実ktkr
さっき言い忘れたけどとても素敵な歌声でした 音域高すぎ
リア充の詞は多分あと二回ぐらいしか書かないからとても貴重だと思います。
Posted by カリバネム at 2008年06月16日 00:47
回数限定なのかwwww
褒めていただいて嬉しいです。高さはギリギリヤバい辺りでした。というか、マジでジャスト・ギリギリだったので、この作曲者さんはぼくが唄うことがわかっていたのではないかという気がしてなりません。まんまと釣られたのでは…
Posted by 長野 at 2008年06月16日 01:11
ごめんなさい、今の今まで全然気付きませんでした
出かけて帰宅したらスレ落ちてるんですもの

ステキなリア充たまらんです、萌えます
12半音全部使ってて音取りにくいのにこともなげにうとうてしまってるのは、やはり凄いです

#二文字は「ふたもじ」想定でした。僕がルビを振ればよかったのですぅ、うぐぅ><
Posted by 曲の中の人 at 2008年06月16日 08:38
いやちっとも「こともなげ」じゃないんです。これでも、いまでもまだ声が掠れ気味なぐらい練習したんです。ほんとはもう1日くらい練習すべきだった…あと、こちょこちょっとしてるところは適当にやってるし。

二文字と書いてあれば「ふたもじ」と読むのは常識って気がしてきた。なぜ「にもじ」しか思い浮かばなかったのか、非常に悔やまれる次第であります…(TДT)ゞ

最後になりましたが、素敵な曲ですGJです! 詞もね>カリバネム様
Posted by 長野 at 2008年06月16日 09:40

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。